薪割りをしていたらこんな幼虫が出てきました。

 

DSC_0544

むちむちしてなんかけっこうおいしそうな感じ・・・。

アボリジニとかだったらペロリといきそうだよねーとか話していたら、
どうやらこれはテッポウムシというやつ(カミキリムシの幼虫)で、
昆虫食で有名な信州に限らずけっこう日本中で食べられていたとか。

・・・ということは初心者向きなのでは?

ということで、

DSC_0545

ちょっと焼いて食べてみました。

そのお味はというと・・・

外はカリッと中はトロッと。
しかもちょっとナッツのようなフレーバー。
お客さん、これはなかなかですよ~。

信州の昆虫食をこれまであくまでゲテモノとしか見ていなかった自分を反省しました。

おいしいです、虫。

薪割りが別の意味で楽しみになりそうかも。