モヒョ的暮らし

モダンひょうたんモヒョの田舎暮らし。

Tag: 土と平和の祭典

【出店後記】土と平和の祭典

今年もやってきました、土と平和の祭典!!

2日間がっつり晴れましたよー。

…しかし、山から下りてきた身としては、東京暑すぎ。

 

恒例の竹遊具。今年はやぐら。

DSC_0315

 

お登紀さんのステージも盛り上がってます!

DSC_0312

 

今回は2日間開催で、土曜は日没後もイベントは続いていました。

夜のビル街に出現したひょうたん屋。

なかなかシュールです。

DSC_0295

 

モヒョきょうだいはどこでも寝られます。

DSC_0298

 

また来年!

 

DSC_0274

【出店後記】土と平和の祭典

土と平和の祭典に出店してきました!

今年のイベントのテーマは、

「命こそ宝」。

作物の命。生き物の命。人の命。

そう、世界は命のかかわりと命のつながりとでできています。

 

ひょうたんは植物ですが、

植物としての命を終えてからも、

加工されてインテリアや飾りとなって第二の命をつないでゆきます。

ひょうたんたちと出会ってくださったみなさま、

ひょうたんたちの第二の人生を傍で一緒に楽しんでくださいね。

 

ひょうたんをお買い上げいただいた方。

リピーターの方。

遠方からお越しいただいた方。

みなみなさまに感謝です!!

 

↓毎年大人気の竹遊具。

竹ジャングルジムに加え、今年は竹ブランコも登場。

 

DSC_0800

ビルの谷間のオアシス、日比谷公園。

DSC_0803

来年はこのイベントも10周年!ということで、どんなイベントになるのか今から楽しみです♪

土と平和の祭典2014 後記

今年は見事な青空に恵まれました!!

出店者たちの一言目は、
「晴れてよかったねー!!」
二言目は、
「去年はつらかったよね・・・」 笑
DSC_0508

このイベントはもともと、
「都市に住む消費者」と「地方に住む生産者」を結ぶ場
として開催されたそうですが、
世話人の方たちがおっしゃっていたように
今や
「都市に住む(農や食に関心のある)消費者」

「地方に住む(新しい感覚を持った)生産者」
との間の差はどんどん小さくなっているようです。

我らが伊那谷にも、「地方」に埋没せずに面白い試みをしている人たち、いっぱいいます。

生活の場が都市であれ地方であれ、アンテナを張りさえすれば&つながりを持ちさえすれば
同じ方向に向かって新しい一歩を踏み出せるんだということ。
モヒョのひょうたんライフもそうでありたいな、と思います。

 

さて、今回はメインステージと出店ブースが近かったおかげで
出店しながらステージも楽しめました。

東京湾の夕焼けをバックに、お登紀さんの生歌。
贅沢です。
DSC_0518

ありがとうございました♪