モヒョ的暮らし

モダンひょうたんモヒョの田舎暮らし。

Page 2 of 10

クヴァスを作ってみた

ロシア(とその周辺諸国)の夏の風物詩、クヴァス。

ロシア(とその周辺諸国)では、夏になると、KBACと書かれた小さな黄色いタンクローリーが町に出現します。

このタンクに入って一杯いくらで売られているのがクヴァスという、茶色っぽいような黄色っぽいようなすっぱいような甘いような不思議な飲み物です。

最初にクヴァスを飲んだのはキルギス(←旧ソ連の国です)でしたが、首都ビシュケクの市場の一角にクムス(馬乳酒)売りが集まっているエリアがあって、ここにクヴァスもペットボトル入りで売られていたのでした。

材料は全然違いますが、発酵で軽い酸味が出ているせいか、クヴァスとクムスの味はちょっと似ています。

 

で、作ってみましたよ、クヴァス。

DSC_0146

ライ麦粉(ライ麦パンでもいいらしい)をオーブンでこんがり焼いたのを袋に入れて、

水に砂糖を溶かしたところに、ライ麦粉袋と、リンゴ、レモン、レーズン、はちみつ、ワインイーストを加えて、

室温に置くこと1日。

発酵してぷつぷつしてきたら漉す。

けっこう簡単にできました。

どうせ飲むなら冷蔵庫でがっつり冷やして飲んだ方がベターです。

 

味は・・・ 上に書いた通り、すっぱいような甘いような不思議な味です。

発酵のもやっとした感じがなんともいえん!(いい意味で)

記憶にあるキルギスのクヴァスよりフルーツっぽさが強くなりましたが、まあまあこんな感じだったかなー。

でも、ロシア(とその周辺諸国)を懐かしむ人を除けば、たぶん日本人にはあんまり一般受けはしないだろうな・・・。

ひょうたんハウス

モヒョ畑のひょうたん2016バージョンは、ひょうたんハウス。

DSC_0144

元気がよすぎて、しょっちゅう剪定しないとハウスからつるがあふれだします。

下には枝豆。

根粒菌で少しでも窒素を供給してくれることを期待して植えたけれど、今やすっかり日陰。(でもちゃんと豆はなってる)

 

ひょうたんハウス内部はこんな感じ。

DSC_0142

涼しげでしょー?

ここ数年、真ん丸、とか、レモン型、とか、円盤型、とかいろいろ育てていたのですが、今年はトラディショナルなひょうたん形のみです。

うーん、「日本の瓢箪」(←あえて漢字)はやっぱりこれよね。

今年は畑のつくりを一新したこともあり、いい感じにすくすく育ってます!

ただ、このスペースに3本は多すぎたかも…。

 

つるの先っぽ。

DSC_0143

モヒョのランプの模様にも唐草模様を多く使っていますが、つるがぐんぐん伸びて絡まっていく様子は、生命力の象徴として古今東西で広く紋様に使われています。

勝手気ままに伸びていくようでありながら、ある種の規則性もあり、そこに自然の美がある、と思うのです。

植物は、歩きも鳴きもしないし、成長もごくゆっくりで目に見えるような動きはないですが、つるに限っては、朝は絡み付いていなかったのに夕方はがっちり支柱につかまっていたり、なんだか植物の意思を感じて愛おしくなります。

 

9/11 わとわまつりに出店します

少し先ですが・・・

今年も、

わとわまつり@小淵沢

(2016年9月11日(日))

に出店します!

 

ゆる~い

のに

充実!

な、このイベント。

モヒョ的には結構ツボなんです。

 

今年はお店の数も増えてさらに楽しめそうです♪

 

<その後の出店予定>

10/15-16 土と平和の祭典@東京・日比谷公園

 

すべりひゆ

夏になると畑に勝手に生えている多肉植物。

その名もすべりひゆ

 

単なる雑草かと思いきや、

食べられる、らしい。

どころか、なかなか美味だというウワサ。

 

雑草図鑑にも「うまい」と書いてあったし、

牧野富太郎の著書にも食べられる植物として登場。

うーん、これは食べてみなくては…。

DSC_0133

というわけで、さっとゆがいておひたしにしてみました。

つるむらさきみたいにぬめりがあり、軽く酸味もあって、ほんとにおいしい!!

モヒョ太郎4歳も、ご飯にぶっかけてもりもりかきこみました。

 

「食べることもできます」というレベルではなく、「食べたい」と思わせるレベルです。

実際、スーパーや産直でパックに入って売られていることもあるらしい。

トルコ辺りでも野菜として扱われているんだとか。(トマト煮込みとか)

雑草といっては申し訳ない。野菜と呼んで差支えないと思います。

なにしろ勝手にそこらにどんどん生えてくるのだから、毎日食べても供給には困らない。

なんてすばらしい!

ピーマン屋さん

ピーマンがやたらとれてます。

朝からモヒョ太郎が「ピーマン屋さん」を開店。

DSC_0130

ピーマンを買うと、右奥に見える袋に入れてくれます。

 

はて、どう料理したものか。

ジャムおばさん

保育園でブルーベリー狩りに行く予定が、近辺でクマが出没しているので中止に。

モヒョ太郎が少々残念そうなので、夕方、隣の家のブルーベリー畑にベリー摘みに行きました。

 

ひたすら大きい実を狙うモヒョ太郎。

袋に1個入れる間に口に5個入れているモヒョ子。

それぞれに満喫したようで。

おやつとデザートに食べて、まだ残ったぶんはブルーベリージャムに。

 

朝がパン食なので、日替わりで楽しめるようにいろんなジャムを作っています。

たいていの実はタダだし・・・。

DSC_0126

↑ 今冷蔵庫にあるジャム。

右から、

ラズベリー(鉄板。)

ブルーベリー(これも鉄板。)

ルバーブ(春1番最初に作るジャム。茎で作るので大量に作れて楽。)

ジューンベリー

ハスカップ(これはご近所さんにもらったもの。)

ズッキーニ(調子にのってつくってみた。が、しょせんズッキーニはズッキーニ。どこかかぼちゃっぽい感じも。)

 

ジャムの本、というのがあって、いろんな果実やスパイスを組み合わせたレシピが載っていてなかなか興味ぶかいです。

DSC_0127

パイナップルとバナナとココナツ とか、

ルバーブとはちみつとローズマリー とか、

メロンとアーモンド とか、

ラズベリーとチョコレート とか。

(斬新すぎていまだ挑戦できずにいますが)

ズッキーニのジャムも載ってます。

 

某社のジャムで、パパイヤとジンジャー というのがあって、タンザニアでは一般的な組み合わせなんだとか。

ジャムも、自由な発想でいろんなのを作ったらおもしろそうです。

 

旬、とは。

今年も、きゅうりの消費に(ありがたくも)悩む日々がやってきましたー。

DSC_0119

1株ではこころもとない。(枯れるかもしれないし)

というわけで、2株植えました。

が、毎日2、3本できてくれるので、家族3人ではなかなか処理しきれず。

丸かじり、や、サラダ、ではじき飽きがくるので、

炒めてみたり・・・

ピクルスにしてみたり・・・

ラタトゥイユにいれてみたり・・・

キューちゃん漬けにしてみたり・・・

まあ、菜園やってる人はこの時期みんな同じ悩みをお持ちかと思いますが。

 

でも、旬の時期にたくさん食べて、食べて、食べて、食べまくると、シーズンが終わる頃には本気で「きゅうり、当分見たくないやー」と思うんですよね。

そうして冬の間はきゅうりと疎遠に過ごし、翌年の春、「あー、またきゅうり食べたい!」としみじみ思って苗を植えるんです。

農家や流通業界の方々のおかげで、お店に行けばたいていのものは1年中売っている時代ですが、せっかく四季のある国に住んでいるのだから、せめてきゅうりとかそういうものぐらいは、自然まかせの濃淡あるサイクルにふりまわされて、「わーきゅうり食べたーい」「ぎゃーもう見たくなーい」とかやってるのもいいんじゃないか?と思います。

 

きゅうりだけじゃないけどね。

ズッキーニもがんがん花咲いてますよー。

DSC_0121

ブラックベリーもちゃくちゃくと準備進めてますよー。

DSC_0122

自分が植えたんだけど、でも結局、旬の時期になると畑のものたちにふりまわされるんです。

畑のものたちにふりまわされることを旬というのかも。

チャボ vs. 蛇

すっかりたまごを産まなくなったチャボのバマコ&ジェンネ。

刺激になればと思い、向かいの家のチャボ夫婦(バマコ&ジェンネのきょうだい)からたまごを1つもらってきて置いてみました。

あたためている のか

単に座っている のか

不明ながら、一応たまごと一緒にいる2羽。

 

ところが今日。

たまごの存在を嗅ぎ付けたのか、蛇がチャボ小屋に入ろうとしている!

バマコたちを守らねば!!と思い急いで小屋に近づいたところ、

・・・?

蛇、動いてないじゃん。

なんと、小屋の入口のネットにからまったまま息絶えているもよう。

(一応死体なので写真は省略)

 

いっぽう、バマコ&ジェンネはいつものとおり小屋の中にちんまり座っている。

うーん。

お前たち、

蛇と闘ったのか?

闘って勝ったのか?

 

チャボ(しかもメス)が蛇に勝つとは初耳です。

女子校の女子って強いな・・・と思ったのでした。

【出店後記】クラフトフェア飯田

いいお天気でしたね!!

今回も、気持ちよい芝生広場のてっぺんに陣取りました。

坂を登ってくるみなさん、少々息があがっている様子。

 

看板娘。

DSC_0098

 

ひょうたん3兄弟。

DSC_0079

 

売り物ではないのだけど、なぜか反応する人が多かったひょうたんガーランド。

 

DSC_0081

 

石の上にもひょうたん。

DSC_0103

ひょうたんの売り上げで、素敵な陶器を買いました。

そういうのもクラフトフェアのよいところ♪

 

ひょうたん柄

保育園から、「エプロン、三角巾、マスクを用意せよ」との指令が届き、

めんどくさいから今回は買って済ませよう・・・と思っていたのですが、

ネットの布屋さんをのぞいたら、

見つけてしまいました。

ひょうたん柄。

そして思わずポチッとしてしまう我。

布を買ったからにはしかたない、作るか。

というわけで、こちら。

DSC_0024

モヒョ太郎本人は「仮面ライダーのエプロンがいい」と言っていましたが(涙)。

 

 

さて今週末はお天気もよさそうです!!

クラフトフェア飯田へGO!!

« Older posts Newer posts »