今年も、きゅうりの消費に(ありがたくも)悩む日々がやってきましたー。

DSC_0119

1株ではこころもとない。(枯れるかもしれないし)

というわけで、2株植えました。

が、毎日2、3本できてくれるので、家族3人ではなかなか処理しきれず。

丸かじり、や、サラダ、ではじき飽きがくるので、

炒めてみたり・・・

ピクルスにしてみたり・・・

ラタトゥイユにいれてみたり・・・

キューちゃん漬けにしてみたり・・・

まあ、菜園やってる人はこの時期みんな同じ悩みをお持ちかと思いますが。

 

でも、旬の時期にたくさん食べて、食べて、食べて、食べまくると、シーズンが終わる頃には本気で「きゅうり、当分見たくないやー」と思うんですよね。

そうして冬の間はきゅうりと疎遠に過ごし、翌年の春、「あー、またきゅうり食べたい!」としみじみ思って苗を植えるんです。

農家や流通業界の方々のおかげで、お店に行けばたいていのものは1年中売っている時代ですが、せっかく四季のある国に住んでいるのだから、せめてきゅうりとかそういうものぐらいは、自然まかせの濃淡あるサイクルにふりまわされて、「わーきゅうり食べたーい」「ぎゃーもう見たくなーい」とかやってるのもいいんじゃないか?と思います。

 

きゅうりだけじゃないけどね。

ズッキーニもがんがん花咲いてますよー。

DSC_0121

ブラックベリーもちゃくちゃくと準備進めてますよー。

DSC_0122

自分が植えたんだけど、でも結局、旬の時期になると畑のものたちにふりまわされるんです。

畑のものたちにふりまわされることを旬というのかも。