土曜日、馬頭琴ホーミーのライブがある と聞いて、勇んで出かけてきましたー!

モヒョ太郎3歳は、なにしろ最初に言えるようになった外国の名前が「モンゴル」。(←多分に親の誘導による…。)

モンゴルで買ったフェルト帽かぶって(かぶらされて)やる気満々です。

 

場所は、古民家ぱん屋の土ころさん。(車で10分強。最寄の店、かも。)

ここは、ちょっと他にはない滋味豊かなぱんを作っており、くせになります。

あと、女将の人柄もちょっと他にはない感じで魅力的ですよ。

隣の部屋がイベントスペースになっていて、こうして時々ライブやワークショップも開催されています。

 

というわけで、ホーミー。

うめき声みたいな低い音の裏に、口笛みたいな美しい音色(もはや声という感じではない)が響く、まことに摩訶不思議な唱法です。

メロディー(口笛みたいな音の方)は、ゆるやかでのびやかで、

なんというか、草原 が見えます。

 

奏者の岡林さんは、モンゴル人というより、はじめチベット人に見えましたがw

モンゴルの話や星の話などいろいろ聞けて、(寒かったけど)ほっこりした夜となりました。