どうもスズメバチが出入りしている・・・

と思ったら、

屋根裏にスズメバチがマーブル模様の大きな巣を作っていました。

 

人が出入りするところではないのでまあ刺されることもなかろう、というわけで、放置。

ハチって、秋のはじめにせっせと巣を作る(軒下にもアシナガバチの巣がそこかしこにある)ものの、冬になると巣はもぬけのからになります。

なので、玄関の真上などでもないならそのままにしておいて、冬になったら回収して鑑賞する、くらいがお互い平和だと思います。

 

冬になるとどこにいくのかって?

死ぬんです。メス蜂以外、全員。

家族はみんな死んでしまって、メス蜂(次の女王蜂)は寒い冬をひとりぼっちで過ごします。

家族がいっぱいだった日々をふりかえって、毎日うるさかったし、おやつ取られたりしたし、でもみんないてあたたかかったし楽しかったなーなんてしみじみするんでしょうか・・・。

で、春になると彼女は女王蜂となって子供をどんどん生み、新しいファミリーを形成します。

去年は玄関の上だったので、人間都合で秋のうちに取り去ってしまいましたが、ほんの刹那の大家族を、駆除という名のもとでいきなり壊滅させるのはちょっと気の毒かもしれませんね。。

 

ちなみに。

信州ネイティブが目の色を変える「ハチの子」(←食べ物)は

クロスズメバチの幼虫です。

クロスズメバチは地中に巣を作ります。(なのでジバチと呼ぶ)

軒下などに巣をつくる(&よく駆除の対象になる)スズメバチは、キイロスズメバチ。

キイロスズメバチの幼虫は食べない、らしい。