モヒョ的暮らし

モダンひょうたんモヒョの田舎暮らし。

Month: 1月 2017

コーヒー焙煎&栽培!?

はまりつつあるコーヒーの焙煎。

そうしたらなんと!

隣町でコーヒーを栽培しているという方が!

さっそく視察に…

と思いきや、モヒョ太郎がグロッキーになったため、留守番…。

Yとモヒョ子だけで行ってきました。

 

出荷用の花を栽培している花農家さんだそうで、ガラス温室の中にコーヒーの木も植えているのだとか。

うーん。

自家栽培コーヒー。

いいな~。

でもこんな寒い地域でやるには本格的な施設とけっこうな暖房費が必要なんでしょうね…。

うちじゃ難しいかな…。

 

さて、コーヒー豆は、外側から、果皮(コーヒーチェリー)、内殻(パーチメント)、薄皮(シルバースキン)、豆(コーヒービーン)となっています。

果皮をむいた状態のものをいただきました。

黄色い~。

 

DSC_0376

これをむくわけですが、どうやるべきか…。

産地では果肉と一緒に機械で取ってしまうようです。

ビンに入れて突いてみたりもしましたが、量も少ないので結局手でむきました。(簡単にむけます)

(左)むく前 (中)むいた後 (右)取れた殻

 

DSC_0372

緑の豆の状態になれば、あとは通常の焙煎工程です。

 

できあがり~。

だいぶムラが減ってきた。ふふふ。

 

 

DSC_0400

 

小さい苗木も1本いただいてきました。

実をならせるどころか、極寒の我が家でこの冬を越せるかどうかも謎ですが。

がんばれ、コーヒーちゃん。

 

雪の日のアイスクリーム

とにかく寒い今日この頃。

モヒョ家も真冬日が続きます。

 

そこで。

絵本を見てたらやりたくなった、

雪の日のアイスクリーム!!

 

空き缶に、牛乳、砂糖、たまごの黄身、バニラエッセンスを入れて、ふたをして雪の中へ。

 

DSC_0355

絵本(その名も「ゆきのひのアイスクリーム」)によると、がちがちに固まらないよう揺らすとあるけれど、そんなにすぐできるわけでもなく、ずっと揺らし続けるのは寒いので、放置⇒しばらくしたら混ぜる の繰り返し。

周りの雪に塩をふっておくと温度がさらに下がってよいです。

 

午前中に初めて、3時のおやつにはできました。

↓もうからっぽだけど(^^

 

DSC_0362

ちゃんとアイスクリームなんですよ。

おいし~♪

DSC_0363

↓牛乳のにおいにつられて待つ犬。

(白い雪に白い犬で露出が…)

 

DSC_0357

そう、モヒョ家にはワンコがやってきたんです。

命名、ツァンパ。

チベットの主食、ツァンパです。

響きが気に入ってるだけで特に意味はなかったのですが、後日たまたまうちでツァンパ(大麦を炒って粉にひいたもの)を作っていたら、こぼれたツァンパ(粉)をツァンパ(犬)がなめるなめる。

ツァンパが好きなツァンパです。

よろしく。