モヒョ的暮らし

モダンひょうたんモヒョの田舎暮らし。

Month: 12月 2015

からまるひょうたん

こんなランプ、どうでしょう?

 

DSC_0850

からまってみたり。

DSC_0848

もつれてみたり。

 

ひょうたんのあやしい感じが出てる・・・かな。

 

馬頭琴とホーミーの夕べ

土曜日、馬頭琴ホーミーのライブがある と聞いて、勇んで出かけてきましたー!

モヒョ太郎3歳は、なにしろ最初に言えるようになった外国の名前が「モンゴル」。(←多分に親の誘導による…。)

モンゴルで買ったフェルト帽かぶって(かぶらされて)やる気満々です。

 

場所は、古民家ぱん屋の土ころさん。(車で10分強。最寄の店、かも。)

ここは、ちょっと他にはない滋味豊かなぱんを作っており、くせになります。

あと、女将の人柄もちょっと他にはない感じで魅力的ですよ。

隣の部屋がイベントスペースになっていて、こうして時々ライブやワークショップも開催されています。

 

というわけで、ホーミー。

うめき声みたいな低い音の裏に、口笛みたいな美しい音色(もはや声という感じではない)が響く、まことに摩訶不思議な唱法です。

メロディー(口笛みたいな音の方)は、ゆるやかでのびやかで、

なんというか、草原 が見えます。

 

奏者の岡林さんは、モンゴル人というより、はじめチベット人に見えましたがw

モンゴルの話や星の話などいろいろ聞けて、(寒かったけど)ほっこりした夜となりました。

シードルを作ってみた

自家製酵母パンを焼いて以来、発酵が楽しい今日この頃。

次なる発酵チャレンジは、

やっぱ でしょ。

 

というわけで、今回はシードルに挑戦。

リンゴ果汁とリンゴジュースを半々で作ることにしたため、まずはリンゴを絞るところから。

すりおろしてガーゼで絞るとか結構めんどうだなーと思っていたら、

簡単な方法を発見!!

一旦りんごをまるごと冷凍して、その後室温でゆっくり解凍すると、ぶよぶよになるので、なんと手で簡単に絞れてしまうのですよ。

コロンブスの卵だな~。

 

で、そのリンゴの汁&ジュースにワインイーストを入れます。

DSC_0817

↑パン用イーストでもできるようですが、においが出やすいということなので、ワイン用イーストを使いました。

こういうものはフランス製です、さすがに。

 

砂糖を少し足して(酵母は糖分をアルコールに変えるので、甘くなるわけではない。度数を上げて酒にするためです。)、常温で放置。

DSC_0818

数日すると微炭酸のシードルができます。

上澄みだけを取り出して、できあがり!!

 

DSC_0834

その辺で売ってるのと遜色ない代物ができます。(なぜかチャイグラス)

常温といっても、この時期のモヒョ家は室内でも1ケタなので、発酵が足りなかったようで度数は低めでした。ちゃんと18度くらいにキープできたらもっとしっかり酵母がはたらいてくれると思われます。

 

ちなみに、しっかり炭酸をきかせるバージョンも作っており、こちらはシードルがだいたいできたところで砂糖をさらに加えて炭酸用ペットボトルに密封します。こうすると、残りの酵母がさらに糖分をアルコールとCO2に変えるのですが、密封されているので発生したCO2がシードルに溶け込んでちゃんとシュワシュワします。

 

実はワインを作りたいという夢が前々からあるものの、ワイン用ブドウなんて売っていないし、なによりブドウは高級品なので、なんだかもったいない。

・・・というわけで、リンゴ産地ならではの酒造りでした。