モヒョ的暮らし

モダンひょうたんモヒョの田舎暮らし。

Month: 8月 2015

ひょうたんの先祖返り

ランダムな交雑が進むモヒョ畑。

現在、アフリカ系遺伝子が優性のようです。

↑以前植えたジンバブエのひょうたんから脈々と受け継がれている様子…。タネの頭がイカみたいな形で、色は濃げ茶。実も濃い緑色。葉は大きく草勢が強い。

ひょうたんというと、日本ではいわゆる「ひょうたん型」がポピュラーですが、これは、ひょうたんが伝播する途上、中国・日本辺りで「くびれている方が紐をかけて水筒にするのに便利じゃない?」ということで改良されてきたもの。

実は原産地アフリカでは丸型が多いんです。

大小さまざまな器や、楽器の共鳴器(バラフォンの下についているものも丸型です)などには、丸型の方が適しているんでしょうね。(すわりが悪いのが難点…。)

去年はレモン型やUFO型のひょうたんができましたが、今年は、よりアフリカ型に戻りつつあるようで、かなり球体に近づきました。

↓スイカ畑みたい?

DSC_0758

器にするか、どうしようか…。

Earth Celebration!

週末、Earth Celebration@佐渡 に遊びに行ってきましたー!!

前々から出店仲間に「アースセレブレーションいいよ~」と聞いており、行きたいなーと思っていたこのイベント。

太鼓芸能集団「鼓童」による 地球の祝祭 です。

音楽イベントというそもそもグローバルで「外来」な催しで、島外(どころか国外)からの来場者が多いのだけれど、それが佐渡というローカルな土地&文化といい感じにマッチしてこの祝祭ができあがっている、ということが印象的でした。

レイブとかコンサートってイベントそのものだけに埋没してしまって、遠くまで出かける割に(風景とか気候を楽しむのがせいぜいで)その土地のこと(文化とか)にほとんど関心を払わずに帰ってきてしまうことが多いような気がするんです。でも、Earth Celebrationはそうではなく、佐渡、いいなー 佐渡のこともうちょっと知りたいなー 佐渡、また来たいなー と思わせてくれるんです。

老若男女、よそものローカル、みんなが楽しめるお祭り!

さすが、30年近く続いているだけありますね。

素浜ビーチの海も、キャンプ場も、なかなかよかったです。

ひなびた海の家に、英語ペラペラのおばちゃんがいたりします。

 

今回の反省点は、我々の住んでいる山が近頃ずいぶん秋めいてきたせいで、「夜の野外コンサートは寒いだろう」「テント泊も寒いはず」と思って無駄な長袖とか持って行ったことです。下界はまだまだ夏真っ盛りでしたw

9/13 わとわまつりに出店します

お盆近くなり、ようやくミンミンゼミが鳴きはじめました。

ミーンミンミンミンミン・・・ というあの声、夏!って感じですね~。

でも標高900mのモヒョ家、ミンミンゼミはほんの一時期しか鳴きません。

かわりにヒグラシが長い間がんばってます。

 

告知です。

9月13日 わとわまつり@小淵沢 に出店します!

ステージもお店も充実!でもPeacefulでゆったり~なおまつりです。

昨年遊びに行って、いいなーと思ったこのおまつり、今年は出店させていただけることになりました。

八ヶ岳のふもと、ひょうたん片手に芝生でのんびりしよう!

 

その後、11月の 土と平和の祭典@東京 にも出店予定です。

こちらの詳細はまた後日。

 

#91 浴衣でお祭りへ

年に1つか2つくらい、新しい何かができるようになったらいいなと思う今日この頃。

せっかくお祭りに行くなら浴衣を着たい!

でも自分で着られない・・・。

 

というわけで、この夏は、

浴衣を自分で着られるようになる! 

という目標を、急遽掲げてみました。

 

今はYouTubeなんつー便利なものがあるので

独学でもけっこうなんとかなります。

練習すること3日。

(一応)着られるようになりました。

↓さすがにひょうたん柄の浴衣ではない。(でもうちわはひょうたん柄。)

DSC_0755

日本の 『民族衣装』 ですから。

年に1回だけでも着ておきたいです。

来年も着るぞー。

Awsome!

 

※カテゴリ「100 Awesome Things」は、ニール・パスリチャさんのブログ「1000 Awesome Things」 (1000のサイコーなこと)をまねしてやってみよう!てなノリで、
日々のちっちゃなしあわせを見つけてはこまごまつづる投稿。
100件到達をのんびり目指してます