モヒョ的暮らし

モダンひょうたんモヒョの田舎暮らし。

Month: 9月 2014

ごてんばアートクラフトフェア 後記

ごてんばアートクラフトフェアに出店してまいりました。

1日目もなんとか天気は持ちこたえ、
2日目は待望の青空!

世界遺産もひょっこり頭を出しました。
DSC_0482

首都圏からアクセス良好とあってたくさんお客さんが来場されていました。

お店も小物(アクセサリー)から大物(ベンチ)までバラエティー豊か。

そんな中、ひょうたんは、まあ、珍しい部類でしょうね・・・。
「久しぶりに見た!」←子供のころ家で育ててたけど、とか。
「初めて見た!」←今現在子供のひと。
という方も。

 

DSC_0464

ご来店くださったみなさま、ありがとうございました♪

 

ひょうたん収穫期

すっかり涼しくなり、朝の駒ヶ岳や夜の星空が一段ときれいになってきました。

モヒョ畑ではひょうたんの収穫が始まりましたよ~。

集めて・・・
DSC_0451

並べて・・・
DSC_0455

このあとひょうたんたちはタネ抜きされるべくタンクの中におさまりました。
くさいのはこのタンクから出す時です。。

 

わとわまつり

わとわまつりに行ってきました。
今回は出店ではなく単に遊びに・・・。
たまにはそういうのも気楽でいいもんです。

小淵沢、意外と近い!
駒ヶ根の山奥から車で1時間。

ほどよいこぢんまり具合に、芝生のロケーション。
ピースフルなおまつりでした。

来年は出店できるといいなーなんて思ったりしました。
ご縁があれば♪

 

きのこ天国

秋です。
山はきのこでいっぱいです。

いつもの散歩コース。
DSC_0443

おお、テングタケが・・・
DSC_0441 DSC_0444

華奢な足のきのこ。
DSC_0448

きのこ5人家族。
DSC_0449

食べ物としてはそんなにそそられないものの、
形がかわいいのでビジュアル的にそそられます。
散歩が楽しくなりそう♪

 

手作り葛粉 その後

昨冬、葛の根っこを掘り出すところから始まった葛粉作り。
大きなポリバケツ一杯の葛の根から、労力と時間を費やしてできあがったのはたった20グラムの葛粉。
もったいなさすぎてしばらくの間しまいこんでいたのですが、
今日のおやつにありがたくいただくことにしました。

DSC_0430

あっという間に胃袋の中へ。

えぐみもなく、おいしい葛玉でした♪
でも、またやるかといわれると・・・。
また冬にすごーくヒマだったらやってみるかもしれません。。

10/19 土と平和の祭典2014 に出店します

今年もこれに出店します!

土と平和の祭典

大地に感謝する収穫祭、
土と平和の祭典@東京・日比谷公園→ お台場 潮風公園 太陽の広場 に変更になったそうです。

去年は大雨でさんざんでしたが・・・今年は晴れてほしいです。。

9/20-21 ごてんばアート・クラフトフェアに出店します

9/20、21は、ごてんばアート・クラフトフェアに出店します。

image01

クラフトフェアは久しぶり。

世界遺産になった富士山を眺めつつ、ひょうたんを世に広めてまいります!!

食用ひょうたん

モヒョのお客様からもしばしば尋ねられる質問。
「ひょうたんって食べられるんですか?」

かんぴょうはひょうたんの一種なので、そういう意味では食べられるものもあります。
また、食用の品種もあって漬物などに加工されて販売されていたりします。
ただ、普通に売っているひょうたんのタネを植えて、できた実を食べるのはやめましょう!
とんでもなく苦いです!! ←経験者。
しかも有毒らしい。

オーガニック種子を取り扱っている野口種苗さんのサイトで、
最近ひょうたんの話が取り上げられていました。
「食用ひょうたん」として販売した種子からできたひょうたんを食べてみたら苦かった。
交雑によるものなのか、栽培ストレスによるものなのか、云々…。

ひょうたんのあのかわいらしい形、ぜひ食べてみたい!という人、いるんですね。
(食べちゃいたいくらいかわいい?)
気持ちはよくわかります・・・。

ミャンマーではひょうたんの茎も食用にしているという話を聞いたことがあります。
いつか行って確かめてみたい!