モヒョ的暮らし

モダンひょうたんモヒョの田舎暮らし。

Category: ひょうたんのこと (page 1 of 2)

ひょうたん収穫期!

ひょうたん収穫しました。

ずくがないので(=無精なので)つるにつけたまましばらく放置していましたが、風で勝手に落ちてきたりしてそろそろ危なくなってきたので、今朝一気に収穫。

DSC_0240

今年はビニールハウスを建てたせいかなかなかよく育ってくれました。

アフリカ系のタネ(←緑色が妙に濃かったり、丸かったりレモン型だったりする)を植えなかったせいか、形も大きさも結構そろっています。

大きめひょうたんランプやひょうたんスピーカーにちょうどいいサイズ。

次なる作業は、水漬け&タネ抜きです。

 

芽が出た

わとわまつりのフライヤーが届きました。

出店数も多くて超充実!!

特に飲食系の充実度たるやハンパない。

こんなにおいしいお祭り、ちょっと他にはないですね。

例年にも増して楽しそうです♪

 

さて、お盆を過ぎればもう秋!なモヒョ家。

山の朝晩は空気もひんやりしてきました。

秋のタネまきの準備をすべく、コンポストから堆肥を出して土に混ぜたところ・・・

 

DSC_0149

一斉に芽吹くウリ科植物(たぶん、ひょうたん)。

堆肥の熟成が甘かったようで、タネたちはコンポストの中でもしっかり生きていました。

見た感じ、土になってたんですけどね…。

 

これほど生き生きと芽吹かれると、抜いちゃうのが申し訳なくなってきます。

(かといって植えておいてもじき寒くなって枯れちゃうしなー)

 

ひょうたんハウス

モヒョ畑のひょうたん2016バージョンは、ひょうたんハウス。

DSC_0144

元気がよすぎて、しょっちゅう剪定しないとハウスからつるがあふれだします。

下には枝豆。

根粒菌で少しでも窒素を供給してくれることを期待して植えたけれど、今やすっかり日陰。(でもちゃんと豆はなってる)

 

ひょうたんハウス内部はこんな感じ。

DSC_0142

涼しげでしょー?

ここ数年、真ん丸、とか、レモン型、とか、円盤型、とかいろいろ育てていたのですが、今年はトラディショナルなひょうたん形のみです。

うーん、「日本の瓢箪」(←あえて漢字)はやっぱりこれよね。

今年は畑のつくりを一新したこともあり、いい感じにすくすく育ってます!

ただ、このスペースに3本は多すぎたかも…。

 

つるの先っぽ。

DSC_0143

モヒョのランプの模様にも唐草模様を多く使っていますが、つるがぐんぐん伸びて絡まっていく様子は、生命力の象徴として古今東西で広く紋様に使われています。

勝手気ままに伸びていくようでありながら、ある種の規則性もあり、そこに自然の美がある、と思うのです。

植物は、歩きも鳴きもしないし、成長もごくゆっくりで目に見えるような動きはないですが、つるに限っては、朝は絡み付いていなかったのに夕方はがっちり支柱につかまっていたり、なんだか植物の意思を感じて愛おしくなります。

 

ひょうたん柄

保育園から、「エプロン、三角巾、マスクを用意せよ」との指令が届き、

めんどくさいから今回は買って済ませよう・・・と思っていたのですが、

ネットの布屋さんをのぞいたら、

見つけてしまいました。

ひょうたん柄。

そして思わずポチッとしてしまう我。

布を買ったからにはしかたない、作るか。

というわけで、こちら。

DSC_0024

モヒョ太郎本人は「仮面ライダーのエプロンがいい」と言っていましたが(涙)。

 

 

さて今週末はお天気もよさそうです!!

クラフトフェア飯田へGO!!

ひょうたん印!

おもわず買ってしまった。

DSC_0918

ひょうたん印のはるさめ。

水色と朱色のコントラストもレトロでよろし。

袋の上下のふちにちっちゃいひょうたんが並んでいるのもまたよろし。

からまるひょうたん

こんなランプ、どうでしょう?

 

DSC_0850

からまってみたり。

DSC_0848

もつれてみたり。

 

ひょうたんのあやしい感じが出てる・・・かな。

 

ひょうたんクッキー

ひょうたんクッキー作りました。(売ってません)

DSC_0810

なんと先日、右下に見えるひょうたん抜型をいただいたんです!

古道具屋で発見されたとか。

ありがたや~。

 

実は、ずいぶん前からひょうたん抜型が欲しかったのですが、

かっぱ橋とか行って実物と出会ったら買っちゃいそうだなー

でもわざわざネットで注文する気もしないなー

などとうだうだ思っていたのであります。

 

お弁当に、ひょうたん型のにんじんのグラッセとか入ってたらうれしくないですか?

ふふふ。

 

ひょうたんランプの電球

今朝の新聞によると、

白熱電球と蛍光灯が2020年度をめどに国内では実質禁止になる、とのこと。

ランプを作っている身としてはひとごとではない。

昨今節電が言われるようになり、モヒョでもじわじわとLED化を進めていましたが、

今後はLEDに完全切り替えます!

(といっても口金は同じなので、用意する電球を変えるだけですが)

光の映り具合が白熱電球とは若干異なる面もありますが、最近のLEDはあたたかい色味のものも充実してきているので(当初「電球色」と書いてあるものも妙な色合いだったので「今後どうしよう・・・」と思ったものですが、最近のLEDは全然オッケイです♪)、ひょうたんランプの全体的な雰囲気としてはほぼ変わりないと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

中国のひょうたんおじさん

けっこう昔ですが、こんな記事を発見。

Xinghuanet

中国河北省のひょうたんおじさん。

関係ないけど前歯も気になります。

 

この九間房村、ひょうたんの一大産地になりつつあるらしい。

いろんな意味でやっぱり大陸にはかなわないなー。

世界のヒョウタン展

駒ヶ岳が初冠雪。

月曜日の冷たい雨、山頂では雪だったようで、うっすら白くなりました。

 

ところで、現在、上野の国立科学博物館で、こんな展示が開催されています。↓

世界のヒョウタン展 ―人類の原器―

これはひょうたんマニアならはずせない!

というわけで、先日、土と平和の祭典で上京した折に、行ってまいりました。

あんどん仕立ての豆ひょうたんの鉢が出迎えてくれる入口を通ると、

大から小まで、西から東まで、世界各国のひょうたんグッズが所狭しと展示されており、なかなか圧巻です!

食器あり、楽器あり、呪具あり、服飾品あり。

豆みたいに小さいひょうたんにお経を書いたもの、とか、

ひょうたんの帽子、とか、(←ほんとにかぶってるんですかね。すごいな。)

ディープなひょうたんワールドが垣間見れます。

ところで、コテカが展示してありましたが、詳しく説明されていなかった&わかりにくい写真しかなかった のは、ある種の配慮なのでしょうか…。

ともあれ、古今東西のひょうたんのポテンシャルをひしひしと感じました!

12/6まで開催だそうです。

ひょうたん好きの方は、足を運んでみては。

 

Older posts