なかなか言葉に苦労する国でした、ベトナム。

まず、(旅行者多いのに)思ったほど英語が通じない…。

そして、ベトナム語はカタカナ読みをしても通じない…。

ベトナム語のアルファベットの上や下にヒゲがちょんちょんついていることから察するに、たぶん中国語の四声のようなものがあって、抑揚がちょっと違うだけで全然意味が違ってくるのでしょう。

したがって、タクシーに乗って地名を連呼すれば連れて行ってもらえるだろうという読みは甘かった…。

我々「チョロン」(アクセントは「チョ」)

運転手「?」

我々「チョロン、チョロン」

運転手「??」

結局、筆談(←アルファベットでよかった。タイ文字みたいなの使ってたらお手上げ。)

運転手「チョロン!」(アクセントは「ロ」)

 

ベトナムといえば「フォー」が有名ですが、

カタカナで普通に「フォー」と言っても「?」という顔をされます。

よくわからないけど微妙な発音をするようです。

 

そんなこんなで、でも結構好きですよ、ベトナム。

 

そうそう、マーケットの扇風機になぜかひょうたんがぶらさがっていました。

IMG_0095